自動車

次世代の自動車設計とエンジニアリングには、デジタルスレッドとデジタルツインのパワーを最大限に活用

ソフトウェアの機械的、電気的、電子的システムをコネクテッドプラットフォーム上で統合して協働させることにより、製品定義からコンセプト、開発、検証、妥当性確認に至るまで、製品開発を加速させましょう。

 Automotive

電気自動車への移行

規制の変化と、設計から検証までのプロセスは、電気への移行が進むにつれて複雑化しています。製品開発においては、高電圧の安全性を確保し、機械的な側面を重視した開発から電気的な側面を重視した開発へとシフトする必要があります。

 Automotive

ソフトウェア定義

自動車はかつてないほど複雑になり、複数のシステムが組み込まれるようになりました。ハードウェアとソフトウェアをうまく統合することは、性能と安全性にとって非常に重要です。

 Automotive

コネクテッド、アップグレード可能

顧客は、技術的に高度な新しい機能を簡単に手に入れられることを期待しています。さらに、自動車はコネクテッド化が進んでおり、車両同士の通信、周囲の環境やドライバーの個人デバイスとの通信における機能の進歩が求められています。

Aras の自動車業界向けソリューション事例

 Automotive
 Automotive
 Automotive
 Automotive
 Automotive
 Automotive
 Automotive
ケーススタディ

トヨタモーターヨーロッパにおけるシステム思考による柔軟なデジタルスレッドの開発

 Automotive ケーススタディを入手する
ケーススタディ

日産自動車が Aras のデジタルスレッドを活用して車載ソフトウェアのバリエーションを提供している方法

 Automotive ケーススタディを入手する
ケーススタディ

ROKI が Aras のローコードプラットフォームを活用して CAD 管理を内製化した方法

 Automotive ケーススタディを入手する

次世代の自動車の設計に必要なのは過去の IT システムではない

急速に変化する今日の自動車業界の情勢において競争力を維持するために、企業は革新的でありながら、消費者が何を望んでいるかを予測する必要があります。イノベーションが絶えることのない今の時代で競争に参加するためには、メーカーは次世代の製品の開発に今すぐ着手できる方法を採用しなければなりません。

 Automotive
 Automotive

Mobility-as-a-Service(モビリティのサービス化)への変革

分野、場所、サプライチェーン、チームを横断して製品ライフサイクルのすべてのフェーズにおいて拡張する弾力性のある製品開発プラットフォームを導入すれば、関連する変更を段階的に実装し、これらの変更を企業全体で確実に同期して可視化することができます。その方法について、この eBook をダウンロードしてご確認ください。

ソフトウェア定義自動車 – 重視すべきは CPU かクラウドか

Aras は AutoTech: Detroit 2023で表題のパネルディスカッションに参加しました。

vidyard video player

少なくとも1つの車両システムにデジタルツイン2.0を搭載しているソフトウェア定義自動車は、現在1%未満にとどまりますが、2027年までには30%に達すると予測されています。

Gartner, Top Automotive Trends for 2024, Pedro Pacheco, Mike Ramsey, Jonathan Davenport, et al., 7 February 2024(ガートナー「2024年の自動車業界のトレンド」ペドロ・パチェコ、マイク・ラムジー、ジョナサン・ダベンポート他、2024年2月7日)。GARTNER is a registered trademark and service mark of Gartner, Inc. and/or its affiliates in the U.S. and internationally and is used herein with permission. All rights reserved.(GARTNER は、米国およびその他の国における Gartner, Inc. および/またはその関連会社の登録商標およびサービスマークであり、ここでは許可を得て使用しています。All rights reserved.)