相互運用性

複雑なシステム環境においてアプリケーションをシームレスに統合

インフラストラクチャとライフサイクル管理サービスを変更することなく、あらゆる外部データモデルを接続

ツール専用コネクター

最適な方法で、Aras のソリューションをツールや情報システムに連携させることができます。コピー、同期、フェデレーションなどのインテグレーションのモードを選択し、組織独自のビジネスロジックを定義することも可能です。

コネクター →

オープン API

外部の情報システムやツールとの API ベースのインテグレーションよって、長期的に生じる技術的負債を避けることができます。最新のサービス指向アーキテクチャーは、最新リリースへのアップグレードを容易にし、長期にわたって新たなサービスとの互換性を保証します。

オープン API →

データフェデレーションサービス

カスタムコードを書く必要性を低減しつつ、データオブジェクトを活用できます。外部システムから抽出した情報は、リアルタイムでコピーしたり、参照したりすることが可能です。

フェデレーション →
 Interoperability

エンジニアリングエコシステムのインテグレーション

製品開発ソフトウェアは孤立した状態では動作しません。Aras プラットフォームは、IT エコシステムが最適に機能するよう、オープン設計に基づいて構築されています。

Get the eBook