お客様事例

トヨタモーターヨーロッパにおけるシステム思考による柔軟なデジタルスレッドの開発

 Customer Story – Toyota Motor Europe Systems Thinking
規模
従業員2,700人以上
業界
自動車

課題

  • チームは複雑なスプレッドシートを使用して、アーキテクチャーの多数のバリエーションと関連するシミュレーションを管理していた
  • スプレッドシートの管理や共有の作業が手動で行われていたため、データに関する過去の履歴情報およびデータの正確性や品質の情報が不足していた
  • スプレッドシートのデータは、トヨタモーターヨーロッパの他の製品データと連携されていなかった

ソリューション

複雑なスプレッドシートから、「信頼できる唯一の情報源」である Aras Innovator のデジタルスレッドに移行。

成果

  • データと表示形式を分離し、データ構造の確認や編集が手軽にできる機能
  • 異なるバージョンのデータ構造を比較できる機能
  • 再利用可能なデータモデルのライブラリへのアクセス
  • データの関係性は、データの詳細の作成元がどこであれ、すべてデジタルスレッド内で管理

トヨタモーターヨーロッパは、エンジニアリングチーム間のデータ共有に使用される、手間のかかる手動プロセスや複雑なスプレッドシートに関して問題を抱えていました。より持続可能な新しいデータ管理プラットフォームの必要性を認識したチームは、Aras と提携し、デジタルスレッドを活用してデータの連携と管理を改善しました。

プロセスのリードタイムを28%
短縮

時間支出を41%
削減

課題

トヨタ自動車ヨーロッパ(Toyota Motor Europe)は、トヨタのヨーロッパにおける製造およびエンジニアリングの運営、およびトヨタとレクサスの車両、部品、アクセサリーの卸売りマーケティングを管理しています。

トヨタ自動車ヨーロッパの車両性能エンジニアリング部門は、現代の車両設計の要求と進化する複雑さに対応するために、モデルベースの設計(MBD)アプローチを採用しています。これは、頻繁かつ迅速な変更に基づくシミュレーション研究の将来の自動化を可能にするための前提条件です。

MBDは、アーキテクチャのバリアントと関連するシミュレーションを追跡するために、エンジニアリングチーム間での大量のデータ共有を必要とします。しかし、トヨタ自動車ヨーロッパのチームは、手動のプロセスとスプレッドシートを使用してデータ共有を行っていました。これにより、データの品質と構成管理に対する信頼が欠如し、エンジニアリングおよび製品データを効果的に接続することができませんでした。

企業内のリーダーたちは、既存のプロセスが持続可能であるためには、新しいデータ管理プラットフォームが必要であることを認識しました。

PLM への要件

トヨタ自動車ヨーロッパは、部門内のすべての人がアクセスでき、データの系統と正確さの明確なコンテキストを持つ「唯一の真実の源」、すなわちデジタルスレッドを定義し維持する方法を必要としていました。彼らはモデリングのリードタイムを改善し、ワークロードを削減し、組織に提供されるMBDモデルの品質を向上させたいと考えていました。

このデジタルスレッドを実現するために、トヨタ自動車ヨーロッパの車両性能エンジニアリング部門のエルネスト・モットーラ博士は、まずエンジニアリングデータを堅牢でスケーラブルなシステムアーキテクチャのバックボーンに接続する必要があることを知っていました。データのデジタルスレッドが確立された後、チームはそれを中心に効率的で協力的な作業を促進するデジタルプロセスを設計できました。言い換えれば、モットーラが言うように、「データを接続する = プロセスを接続する = 人を接続する」のです。

  • MBDアプローチのためのデータ品質と一貫性の向上
  • 迅速に設計変更を行い、シミュレーション研究を実施する能力
  • より効率的で協力的なプロセスを構築するためのデジタルスレッド

Aras Innovator による成功

トヨタ自動車ヨーロッパ、Aras、および統合パートナーであるInensiaのチームは、プロジェクトの技術検証フェーズで協力し、トヨタ自動車ヨーロッパのエンジニアリングデータ管理(EDM)の構造と関係を網羅するためにAras Innovatorのデータモデルを拡張することを最初の目標としました。

重要なプロセスニーズを特定した後、計画の第二段階では、Aras Innovatorを適用してリビジョン、ライフサイクル、ワークフロー、およびアクセスコントロールを管理しました。アジャイル手法を使用して、チームはパイロットを開発し、「最小限の実行可能な製品」に達するまでソリューションを継続的に改善しました。真のトヨタ(カイゼン)精神で、新たなニーズが特定されるたびにソリューションは継続的に改善されます。

Arasプラットフォームのモデリングの柔軟性と、プロセス全体を通じてAras、Inensia、およびトヨタ自動車ヨーロッパの専門家間の実践的な協力のおかげで、迅速な実装が可能でした。

結果:トヨタモーターヨーロッパのデジタルスレッドがデータ管理を一元化

チームの元のスプレッドシートはなくなり、「唯一の真実の源」、すなわちArasプラットフォームのデジタルスレッドに置き換えられました。この新しいシステムは、システムと設計の詳細が作成される場所に関係なく、バリアント設計シミュレーション関係のデータ追跡の大容量を中央に管理します。

今では、車両性能部門の分散エンジニアリングチームがリモートで迅速かつ効率的にデータを作成、レビュー、および編集できるようになり、データ品質への信頼が高まり、シミュレーションモデルの一貫性も向上します。

この部門内でのデジタルスレッドの成功により、トヨタ自動車ヨーロッパの他のグループも、Aras PLMプラットフォームに基づく他のプロセスのデジタル化を開始しました。