デジタルツイン

製品データの調査、解釈、分析

製品ライフサイクル管理プロセスと統合されたデジタルツイン戦略で、チームを強化しましょう。

 Digital Twin

パフォーマンスを測定

 Digital Twin

結果の予測と予防

 Digital Twin

プロセスを改善

 Digital Twin

より良い製品を形成

コンテキストはデジタルツイン戦略において非常に重要です。Aras デジタルツインコアは、あらゆる製品や資産のシステムに関して絶えず変化する構成を管理し、データ主導の意思決定を行うための解釈、分析、シミュレーションを可能にします。

デジタルツインの活用

未来の予測とシミュレーション

高度なメンテナンス戦略を採り入れる上で、メンテナンス事業者や担当部門がデジタルスレッドとデジタルツインをどのように活用できるかをご覧ください。Aras の製品により、管理対象の資産について、それぞれに固有のデジタルツイン構成を確認できます。

ビデオを見る →

Product-as-a-Service(製品のサービス化)モデルへの移行

Product-as-a-Service(製品のサービス化)のビジネスモデルに移行中の企業や、フィールドサービスによる顧客へのサポートを積極的に実施している企業は、多くの場合、サポートが必要な製品に関連する適切な情報を見つける点で課題を抱えています。

ビデオを見る →

構成変更のペースを管理

デジタルツインコアを使用することで、物理資産の構成変更ペースをデジタルで管理できるだけでなく、特定の部品に特性を追加して、オペレーション上の任意のイベントに基づいてメンテナンス時期を定義することもできます。

ビデオを見る →

デジタルツインで価値を生み出す

デジタルツインに関する概要や構築方法、それが生み出す価値、デジタルツインの始め方などのよくある質問に、Aras の CTO(最高技術責任者)であるRob McAveney(ロブ・マカベニー)がお答えします。

vidyard video player

一度にあらゆるものを、あらゆる場所で

ブログシリーズ

デジタルツインとは?

パート1を読む →
ブログシリーズ

デジタルツインの利用事例

パート2を読む →
ブログシリーズ

産業における利用

パート3を読む →
 Digital Twin

Product-as-a-Service(製品のサービス化)の提供

多くの工業企業では、製品データの量が増え続けているにもかかわらず、製品関連のデータは依然としてスプレッドシートで管理されています。これにより、可視性やトレーサビリティが低下し、誤った情報が紛れ込むなど、データのサイロ化に悩まされています。

引き渡し時に製品データを提供

NuScale Power は、原子力発電所の製造にあたって Aras プラットフォームを導入しました。この事例は、原子力発電所の設計・管理における唯一のデータソースとして、バックボーンで PLM が利用された初の事例です。製造の軌跡をご覧ください。

 Digital Twin

メーカーがデジタル変革を続けるのに伴い、製品、サプライチェーン、オペレーションがますます複雑化しています。そのため、製品や資産の品質を改善し、顧客体験を向上させるためにデジタルツインが活用されています。効果的なデジタルツイン戦略の基礎を成すのは、時間の経過とともに変化する資産の構成情報を管理できる機能です。

Jeff Hojlo(ジェフ・ホイロ)氏、IDC、製品イノベーション担当プログラムディレクター