クリーンなエア、クリーンなデータ

多くの企業では依然として製品に関するデータをスプレッドシートで管理していますが、データが増え続ければ可視性や追跡可能性が失われ、不正確な情報のリスクにつながります。そして、このような企業はデータのサイロ化に悩まされていることが少なくありません。

これは、急成長を遂げているフィンランドのコンプレッサー メーカー Tamturbo 社でも同様でした。そこで同社は、「すべての製品関連データが集まる中央駅のような位置付けとして Aras Innovator に切り替えることにしました。今では、これなしでは考えられません」と CEO の Igor Nagaev 氏は説明します。

Tamturbo 社の事例では、Excel から専門的な PLM ツールへの移行を成功させる方法と、その際に考慮すべきポイントを公開しています。