シミュレーション マネージメント

製品のデジタルスレッドにおけるシミュレーションのトレーサビリティ

アプリケーションの概要

Aras Simulation Management は、製品ライフサイクルのあらゆる段階でシミュレーションと他のエンジニアリング領域の専門家間のコラボレーションと意思決定を強化する強力なソリューションです。ツールに依存しないデータモデルにより、SPDM(シミュレーション プロセスおよびデータ管理)サイロと、Aras PLM プラットフォームによって管理される製品全体のデジタル スレッドをリンクできます。その結果として得られるトレーサビリティにより、製品表現のあらゆるレベルおよび製品ライフサイクルのあらゆるステップにおける特定の製品コンテキストを伴うシミュレーション アクティビティと結果が提供されます。トレーサビリティには、要件、機能、アーキテクチャ、バリアント、実装ドメインなど、デジタルスレッドで表されるすべてのデジタル資産が含まれます。これにより、統合され、追跡可能で検証可能なシミュレーションへのアプローチが可能になり、製品のパフォーマンスの向上、リスクの軽減、意思決定の向上につながります。

 Simulation Management with Aras
 Ansys Minerva SPDM, powered by Aras

Ansys Minerva SPDM, powered by Aras

Aras を搭載した Ansys Minerva SPDM は、シミュレーション スタディの探索、定義、実行のための記録システムを提供するベストインクラスの SPDM ソリューションです。ただし、要件、構成、バリアント、E-BOM および M-BOM、ドキュメント、およびPLM プラットフォームによって管理されるようなその他のデジタル資産などの製品データは管理されません。Ansys Minerva を Aras Simulation Management とリンクすることで、ユーザーは SPDM 管理のシミュレーション スタディを Aras PLM プラットフォームで管理される製品全体のデジタルスレッドと関連付けることができ、追跡可能で構成管理された製品コンテキストを SPDM および PLM のユーザーに提供します。

当社のオープンなエコシステム アプローチにより、このユニークなコラボレーションは、業界をリードする Ansys 社のマルチフィジックス ポートフォリオと、デジタル接続用の Aras のレジリエントなプラットフォームの強みを組み合わせ、顧客価値を劇的に向上させます。

- Mark Hindsbo, VP and GM, Ansys

Aras にとって Ansys とのパートナーシップは、製品ライフサイクル全体にわたるトレーサビリティ、接続性、再利用を提供するシミュレーションおよびエンジニアリング プロセスに大きな変革をもたらすものと考えています。Aras は、Ansys のシミュレーション管理に対するオープン エコシステム アプローチをサポートし、共通のお客様のデジタルトランスフォーメーションを加速します。

- Roque Martin, CEO, Aras
 Simulation Management

ジタルスレッドとシミュレーション業務

トレーサビリティと効率をさらに強化するために、Aras PLM プラットフォームはタスク自動化コンポーネントを提供し、シミュレーション管理が実行テンプレートに従ってタスクをトリガーできるようにします。 これにより、シミュレーション管理がシミュレーション関連タスクを独自にトリガーしたり、SPDM(シミュレーション データ & プロセス管理)ソリューション経由でそのようなタスクの実行を要求したりできるようになります。実行テンプレートは、実行ロジック、ビジネス ロジック、および実行環境の定義をサポートします。このコンポーネントはシミュレーション アクティビティに固有のものではなく、あらゆる対話型またはバッチ環境をローカルまたはリモートで自動化できます。

 

トヨタ モーター ヨーロッパ 事例

TME(トヨタ モーター ヨーロッパ)が、Aras PLM プラットフォームによって管理されるデジタルスレッドを使用して、シミュレーションのコンテキストで基本的なエンジニアリング データを整理する方法をご覧ください。リビジョン管理、構成管理、ローコード手法などの PLM サービスを活用することで、TME はデジタル スレッド経由で追跡可能な複数のバージョンとバリアントを持つエンジニアリング モデルのファミリー(形状、非形状)を自動的に生成できます。このツールに依存しないエンタープライズの構成により、エンジニアリング上の問題の同じ定義と理解を使用して、クロスドメインのコラボレーションが可能になります。 将来的には、これらは SPDM プロセスへの入力として機能します。TME によれば、このアプローチにより、解決策ではなく問題の観点から基本的な設計の問題を捉えることが可能になります。

 Rev-Sim Webinar