デジタルツインコア

あらゆる場面でデータのコンテキストを持たせ、管理し、維持する

あらゆる業種、あらゆる製品のためのデジタルツイン

デジタルツインコアは、あらゆる業界のあらゆる製品、設備の構成のモデリング、導入、拡張を可能にします。 このソリューションを用い、稼働環境のすべての固有の物理的パーツ、構成要素のコンテキストを作成することにより、不正確さとコストを低減し、組織が予測的なメンテナンス、パフォーマンスの最適化、さらにはSOTA(ソフトウェアアップデート オーバーザエアー)などの複雑な業務をサポートできるようにします。

orange overlay layer  Digital Twin Core

高いユーザーエクスペリエンスを構築、管理、利用可能にする

デジタルツインを構築・管理することで、メンテナンス有効性を高める機能のデモンストレーションをご覧ください。実際の製品が変更されるたびに、ユーザーは製品に関する重要な情報にアクセス可能になります。(日本語デモンストレーション)

 

デジタルツインコアで製品データの不確実性とコストを低減する

デジタルツインを構築するには

Aras のユーザーがどのように実際の製品構成において、デジタルツインを構築、維持、活用しているかご覧ください。

ブログを読む
 Digital Twin Core

稼働時間を最大化

デジタルツインを活用して、製品の稼働時間を最大化しましょう。あらゆる製品の個別の構成を作業指示書と連携し、メンテナンス担当者に重要な製品データへのアクセスを可能にし、業務遂行、完了を支援します。

インフォグラフィックを見る
 Digital Twin Core

デジタルスレッドとデジタルツイン

テクノロジーの進歩により、メンテナンス上の問題を予測できるようになる可能性がありますが、何よりもまず必要なのは、適切なデジタルツイン構成のアプローチです。

ブログを読む
 Digital Twin Core

今こそ価値創出のとき

デジタルツインとはなにか、構築方法、メリット、どこから始めるべきか… Aras のCTOである Rob McAveney が、デジタルツインに関するよくある疑問にお答えします。