ビジュアルコラボレーション

設計意図、背景のストーリーも含めたコラボレーションを可能に

">
 Visual Collaboration

社外サプライヤーまで含めたコラボレーションの実現

効果的なコラボレーションを実現するには、そのコンテキスト(文脈、ストーリー)が重要になります。多くの設計チームでは、情報伝達のために電子メールや表計算ファイルが利用されています。しかし、このようなマニュアルの手段だけでは、データの連携性に乏しく、ミスを誘発しがちで、ばらばらの情報をつなぐのに非常に時間を要します。

ビジュアルコラボレーションを使用すると、そこに含まれる意図や背景を含めて情報を追跡できます。 これにより、会話の発散がなくなり、全員の共通認識が保証されます。

追跡可能で効果的なコミュニケーション

仕事を効果的に行うためのデジタルコラボレーションツールを備えている企業はわずか 41% にとどまるというデータがあります。エンドユーザーには、パーツやドキュメントに気軽にコメントでき、日々の製品開発の議論の履歴を保持しながらも、アクセス権限を適切に制御できるツールが必要です。すべての従業員、そしてサプライチェーン全体でコミュニケーションとコラボレーションを実現できる企業は、競合他社よりも優れた製品をより速く提供します。

 The Digital Collaboration Imperative
 Visual Collaboration

セキュアな外部アクセス

サプライヤー、協業先、製造請負先などとのコラボレーションを改善することは、製品開発にかかる時間を短縮し、知的財産保護のためにも重要です。