システムエンジニアリング

分野間でのコラボレーションを妨げる要因を取り除きましょう

コラボレーションは、従来の BOM 主導で機械的な側面を重視した物理的枠組みにとらわれない形で行う必要があります。

 Systems Engineering

システムエンジニアと MBSE モデルを製品データに接続

 Systems Engineering

社内チームと社外チームの架け橋として機能系統図を利用

 Systems Engineering

チーム間のコラボレーションや相互最適化において、システムのコンテキストを維持

製品の複雑性を効果的に管理するには、組織内のエンジニアリング、製造、パートナーの各チームが、設計意図をシステム中心のビューとして表現し、トレーサビリティを確立する必要があります。Aras Innovator は、システムの機能的な側面をデジタルスレッドに組み込み、すべてのドメインのすべての製品アーティファクトに接続することで、クロスドメインのコラボレーションと最適化を可能にします。

eBook

加速する製品の複雑化の課題に対応する

eBook を入手する →
ウェビナー

Martin Eigner(マルティン・アイグナー)博士が語る、エンジニアリングのデジタル化における PLM プラットフォームの役割

ウェビナーを見る →
ウェビナー

PLM とシステムエンジニアリング:統合の必要性

動画を見る →
eBook

現代の製品開発におけるシステム中心のアプローチ

eBook を入手する →
 Systems Engineering

MITリンカーン研究所:デジタル変革を実現

Aras プラットフォーム上に構築された Assembly Integration and Test(AI&T)と呼ばれるソリューションを導入することで、従来は時間がかかり、ミスが起こりやすかった手動プロセスをデジタルで自動化しています。このソリューションは、Aras のお客様に画期的なソリューションを長年提供している Aras システムインテグレーターの Eontes 社と共同で開発されたものです。

 Systems Engineering

3つのユースケース:MBSE の導入

急激に複雑化する製品を管理するためには、システム思考が不可欠です。そのため、モデルベースシステムズエンジニアリング(MBSE)の手法とツールへの投資が続いています。ただし残念なことに、従来の製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアは、部品表(BOM)を管理するために構築されたのに対し、MBSE の焦点は、BOM を作成する前の設計意図にあります。このため、あらゆるデジタルスレッドにギャップが生じています。

Get the White Paper
LinkedIn Pulse

Glenfiddichとシステム思考

LinkedIn で読む →
ブログ

システム思考のメリットを考慮した最良の選択肢がクラウド PLM

今すぐ読む →
ブログ

システム思考と MBSE モデルの複雑性

今すぐ読む →