要件管理

複雑な製品定義を管理

散在する要件を単一のデジタルスレッドに統合

Aras Innovator を使用することで、必要なすべての設計成果物、テスト計画、QA プロセス間の関係を明確にできます。

 Requirements Management

一元化

複雑な要件セットの共同定義・修正を可能にします。

 Requirements Management

同期

複数の要件管理ツールをシームレスに統合します。

 Requirements Management

追跡可能

すべてのエンジニアリング領域において、要件と設計要素の間をコンテキストで関係付けます。

 Requirements Management

一貫性のある要件管理手法の確立

顧客の好み、規制、基準、要件を Aras Innovator で直接関連付けることで、品質、コスト、市場投入までの時間を犠牲にすることなく、デジタルスレッド全体でコラボレーションと再利用を効率化できます。

要件のインテグレーション

既存の要件管理システムを Aras Innovator と統合することで、より効果的な要件管理が可能になります。普段使用している特定のツールやドキュメントなどから要件を抽出して、追跡可能な単一のビューを作成することで、製品要件の管理、変更、レビューがこれまで以上に容易になります。

お探しのコネクターが見つかりませんか?Aras の オープン API を使えば、どんなものともインテグレーションできます。

 Requirements Management

連携されていないテキストベースの要件では、システムオブシステムズの近代的で複雑かつ相互接続された製品に対応できません。設計プロセスでは、多様でインテリジェントな要件タイプが、それぞれの分野特有の多様なプロセスと整合していることが鍵を握ります。

EIGNER Engineering 『Systems Lifecycle Management』著者 Martin Eigner(マルティン・エイナー)博士