お客様事例

Aras の最新 PLM を活用して車載ソフトウェアのバリアント管理を改善した日産自動車の事例

 Customer Story – Nissan
規模
従業員130,000人以上
業界
自動車

課題

  • 電気自動車への転換により車載ソフトウェアのバリアント管理が複雑化
  • 車種、モデル、年式などに沿って車載ソフトウェアのバリアントを効率的・効果的に管理することが競争力の維持に必要
  • 安全基準を着実に満たし、規制に準拠することが不可欠
  • PLM への統合を果たす必要のある部品やコンポーネントの提供企業が多岐にわたる

ソリューション

Aras Innovator のモデルベースのアーキテクチャを使用して、複雑な車載ソフトウェアのバリアントをより適切に管理し、アライアンスパートナーと協力します。

成果

  • 機能ソフトウェアバリアントの一貫した構成
  • 機能安全のための ISO26262 基準への適合性の向上
  • 手動データ入力によるユーザーエラーの削減
  • 異なるシステムを統合して統一されたプラットフォームの作成
  • デジタルスレッドの拡張とパートナーとのシームレスな統合
  • 製品品質の向上、開発期間の短縮、再利用の向上、リソースの最適化、チーム間の信頼の向上

Nissan Motors は、電気自動車の生産が増加する中で、市場競争力を維持するために車載ソフトウェアのバリアントを効率的に監督する必要があります。このため、Nissan は Aras Innovator のモデルベースのプラットフォームを採用し、複雑な製品スイートを構築、調整、および接続することが容易になりました。

「モデルベースのプラットフォームである Aras Innovator はローコードでのカスタマイズに対応するため、ユーザーを待たせることなく最小限のコードでモデルを動的に進化させ、業務やテクノロジーの変化に適応させることができます。そのおかげで、カスタム機能のビルドやコンフィギュレーションが極めて容易になりました。」

日産自動車株式会社 グローバル IS デリバリー本部 エンジニアリング & デザインシステム部 根本博明(Hiroaki Nemoto)氏

課題

電気自動車への移行は、消費者、地球、自動車メーカーにとって多くの前向きな変化をもたらしました。当然のことながら、自動車メーカーにとっても多くの課題を生み出しています。その中には、車載ソフトウェアのバリアントを管理するという課題も含まれます。

自動車の電動化のトレンドが車両設計と機能に大きな変化をもたらす中で、Nissan はソフトウェアライフサイクル管理プロセスにおいて機敏で適応力があることが求められると認識していました。これにより、イノベーションと市場リーダーシップの最前線に立ち続けることができるのです。

車載ソフトウェアバリアントの範囲が拡大するにつれて、関連するソースコードの量も増加し、主要なオペレーティングシステムの規模と複雑さを上回るようになります。この複雑さには、Nissan の車の製品ライフサイクル全体でソフトウェアバリアントを効果的に管理するための強力なソリューションが必要です。

さらに、Nissan とそのアライアンスパートナー間の複雑なソフトウェアバリアントを効率的に管理することは、急速に拡大し変化する自動車業界で競争力を維持するために極めて重要です。

PLM の要件

車載ソフトウェアバリアント管理の複雑さが増大する中で、Nissan は包括的な PLM ソリューションを見つける旅に出ました。

Nissan の自動車ソフトウェア制御は、特定の製品およびプロジェクトのコンテキストで異なるチームによって同時に開発されています。課題は、これらの資産をすべてのチームがそれぞれのプロジェクトコンテキストで最大限に再利用することです。効果的な再利用には、各ソフトウェア構成、ソフトウェア機能、使用履歴、およびコンテキストを個別に管理することが必要です。

当初、Nissan は、元の設計をキャプチャするための社内中央記録システムと、ローカルな適応をキャプチャするための複数のローカル記録システムを使用していました。これらのローカルな適応は、元の設計との追跡可能性を維持するために手動で中央システムにコピーされていました。残念ながら、コピーは手動で行われたため、人為的なエラーやデータの不一致が生じました。

Nissan は、複数のシステムを単一の、多用途でカスタマイズ可能な PLM プラットフォームに置き換えることができるソリューションを求めていました。

  • 複数のシステムを置き換える単一の PLM プラットフォーム
  • 多用途でカスタマイズ可能
  • 自動車のイノベーションの急速なペース(特にソフトウェア定義車両)に対応できる
  • 内部システム全体でのデータ統合
  • 外部パートナーとの統合および接続性

Aras Innovator による成功

複数のオプションを検討した後、Nissan は 2013 年に進化するニーズに対応するために Aras Innovator® を選択しました。Nissan によると、Aras Innovator のモデルベースのアーキテクチャには、構築しやすい、整合しやすい、接続しやすいという 3 つの主要な利点があります。これらの特性は、Nissan にとって理想的な選択肢であり、同社がカスタマイズされたソリューションを開発し、システム間でデータをシームレスに統合し、外部パートナーとの強固な接続を確立および維持することを可能にします。

「IT 部門にとって意義深かったのは、開発部門と協力してこのような機能を作り上げるという組織文化を築けたことです。Aras Innovator でのビルドの容易さを活かして、業務の仕様化プロセスとシステムの仕様化プロセスを同時に設計することが可能になり、すべての部分が連動するシステムを構築できるようになりました。環境の変化に合わせて進化させることができるこの PLM システムがあれば、これからも、システムとともに成長を続けていけると確信しています。」

日産自動車株式会社 グローバル IS デリバリー本部 エンジニアリング & デザインシステム部 根本博明(Hiroaki Nemoto)氏

Aras Innovator プラットフォームの適応性を活用することで、Nissan は複雑なソフトウェアの変更に対応し、パートナーとシームレスに協力し、市場で競争力を維持するための立場にあります。

結果:将来の変化や課題を切り抜けるための体制を整えることができた

Aras Innovator の統合は、Nissan の業務全体にわたって具体的なメリットをもたらしました:

  • ソフトウェアバリアントの構成におけるエラーと不一致の削減
  • 設計変更によって影響を受ける適応の識別の効率化
  • 要件、機能、および検証プロセスの一貫した追跡可能性の確保
  • 分散システムを置き換える統一プラットフォームによる運用効率の向上
  • アライアンスパートナーとの協力とプロセス統合の強化
  • 製品品質の向上と開発サイクルの短縮
  • すべての内部および外部チーム間の信頼の向上

Nissan が Aras Innovator ベースの階層タグアプローチにアップグレードしたことは、継続的な改善へのコミットメントを示しています。Aras Innovator の高度な機能を活用することで、Nissan はソフトウェアバリアント構成プロセスの一貫性、精度、および効率を向上させ、進化する市場の要求に応えることができます。

Nissan と Aras のパートナーシップは、車載ソフトウェアバリアント管理を超えて、より広範な製品ライフサイクル管理イニシアチブを包含しています。Aras Innovator によってサポートされる Nissan の PLM プラットフォームの進化は、自動車イノベーションの最前線に立ち続けるという Nissan の決意を強調しています。コンプライアンス、統合、および協力に重点を置くことで、Nissan は将来の課題に自信を持って対処する準備が整っています。

Aras Innovator は、Nissan でのクロスドメインコラボレーションを奨励し、エンジニアが分野を超えて情報をシームレスに抽出および共有できるようにします。共通の PLM プラットフォームとして Aras Innovator を活用することで、Nissan はコラボレーションとイノベーションの文化を育成し、チームが従来の境界を超えて変革的な変化を推進できるようにしています。

自動車業界が進化し続ける中、Nissan は将来の課題と機会に対処するために機敏で先見性を持って準備ができています。

「さまざまな分野、さまざまなチームのエンジニアが同一のプラットフォームを使い、デジタルスレッドを構築するようになりました。それにより、要件に対するトレーサビリティを確保しながら、高度に専門的なツールを用いて詳細な設計に取り組むことが可能になりました。10年前、このような構想は非常に壮大で難しく、それを実現できるソリューションを見つけることができませんでした。しかし今や、Aras Innovator の『ビルドが容易』、『調整が容易』、『接続が容易』という特性によって、これらの目標を段階的に実現できています。」

日産自動車株式会社 グローバル IS デリバリー本部 エンジニアリング & デザインシステム部 根本博明(Hiroaki Nemoto)氏