デモシリーズ Aras のデジタルツイン コアを活用したメンテナンス計画と故障診断の改善(日本語/27分)

PaaS(Product-as-a-Service)のビジネスモデルへの移行を検討している製造業や、既存顧客に対するサービスとして顧客の現状を把握しようとしているお客様は、その製品情報の正確な検索・確認・把握に課題があることが少なくありません。目的の製品情報だけでなく、ライフサイクルが進むにつれて変化していく顧客が実際に使用している製品のバージョンや構成、さらにはその関連情報についても永続的に把握できるかどうかが、成功に左右します。逆に、構成や関連情報が正確に維持されていない場合、適切な担当者や必要な交換部品、サービスマニュアル等にすぐにアクセスできなくなり、最悪の場合は稼働停止やその長期化のつながりかねません。製品がますます複雑になるにつれ、問題の切分け、解決策の提供、および顧客の期待も大きく複雑になりがちです。


このデモでは、Aras の Digital Twin Core を使用して、将来の PaaS ビジネスに不可欠なデジタルツインをどのようにサポートし、メンテナンス計画や故障診断の改善にお役立ていただけるかをご紹介します。