開発⇔製造のデジタルスレッド構築でビジネスモデルの強みを更に高みへ

EIZO株式会社は、Aras Innovator を活用して、開発と製造の間においてデジタルスレッドを構築することに成功しました。
高品質な映像機器の開発・生産・販売を手がけている同社は、その全ての業務を自社一貫体制で行っています。従来、PDM(製品設計データ管理)を用いていましたが、製品の多様化や情報の急増、そして世の中としての DX の推進を受けて、新しい PLM システムへの移行を検討した結果、Aras の Aras Innovator が選ばれました。
ぜひ、EIZO株式会社の素晴らしい活用事例をご覧ください。