技術文書

製品にまつわる文書の作成、管理をシンプルに

Download Now
">

技術文書作成・管理のための新たなアプローチ

カタログのような技術文書を作成する際、一般的な文書管理システムでは、掲載するデータが複数のシステムにまたがることも多く、時間がかかりミスが起こりやすいプロセスとなっています。Aras の技術文書ソリューションは技術文書作成時にPLM上のデータ直接利用するという新たなアプローチを採用した、コンテンツオーサリングツールです。

 Technical Documentation

Technical Documentation Videos

Render controlled product data as content while conforming to a document schema

Achieve traceability to the latest product data with dynamic links

Extend schemas, styles, and authoring tools to suit your business

Control changes with flexible workflows, concurrent with product change

スマートに文書を作成する

Aras の技術文書ソリューションが、技術文書作成、管理にまつわるニーズにどのように対応するか、こちらの動画で知ることができます。過去にAras の技術文書ソリューションをご覧になった方も、新たに進化したソリューションをぜひご覧ください。

Technical Documentation in the Digital Thread

Aras Technical Documentation can structure the creation of many different kinds of product-related documents by connecting with data from all of the applications across the Aras Innovator platform. It automates data creation, pulling the latest product information into the customizable layout your teams need to work in—whatever type of document that is. And, it automates changes: as each linked piece of content is updated, stakeholders are notified and can accept the change or continue evolving the document. This quick and easy notification and synchronization accelerates their work and reduces the risk of inaccuracies.

vidyard video player

次の一手を考える

製品およびビジネス戦略において次のイノベーションを起こすには何が必要なのでしょうか? 各社のCIO は技術インフラを再考し始め、素早いアプローチを探しています。

eBook を読む
 Technical Documentation

レジリエント(しなやか)なプラットフォーム

Aras では、”ビジョナリー” という言葉はレジリエント(しなやか)な考え方ができる人材だととらえています。レジリエントな考え方ができる人材が、これから起きうる未知の挑戦に対応するためにレジリエントなプラットフォームが必要だと考えている理由についてぜひ知ってください。

ホワイトペーパーを読む
 The Resilient Platform: Three Essential Characteristics

デジタルスレッドについて知る

デジタルスレッドについてはご存知ですか?
現在のデジタルの時代にうまく適応するために、各企業は様々に変化していく必要があります。このeBook では、すぐに実践可能なアイデアを得ることができます。

eBook を読む
 Technical Documentation

Aras によって、技術部門と業務部門の両方を合理化できる可能性があります。そして、Aras のサブスクリプションにアップグレードサービスが含まれ、Aras 社によって実施されることは、将来にわたって私たちにとって非常に大きなメリットとなります。

川崎重工株式会社 企画本部 三島 裕太郎 様